UMA~ジャッカロープは可愛い

ギュ~っと抱きしめたくなるUMAジャッカロープ。

たいていは不気味で、気持ち悪くて、可愛くないUMA界では、異色のモフモフ系です。

今回は人気のマスコットにもなっているジャッカロープを紹介します。

ジャッカロープとは?

ジャックラビットとアンテロープ(レイヨウ)を合わせた造語であるジャッカロープの和名は「ツノウサギ」。

鹿のような角が頭に生えたウサギで、もうそのまんまです。

アメリカのワイオミング州、テキサス州、サウスダコタ州で、群れで暮らしているのだとか。

カウボーイがキャンプファイヤーをしているときに時々出てきて、大好物らしいウイスキーをねだるという特徴まで愛らしい!
マッチョな西部男子も間違いなくフニャ~ンです。

他にも、人の声真似ができる、乳が万能薬になる、見た人は幸せになるといいます。

現地では絵葉書やウサギのはく製に鹿の角をくっつけたお土産まで売っているそうで、観光客にも大人気になっています。

パンダも凌ぐような可愛さですから、当然といえるでしょう。

作り物とされていたが死骸を発見!

このジャッカロープ、「捏造である」というのが、多くの人の見解になっています。

昔、誰かがジョークで作った角の生えたウサギのはく製が発端となり、今では全米が知るようになった作り話だというのです。

アルミラージという一本角のウサギの伝承がヨーロッパにあって、昔から噂のツノウサギをアメリカでも作っちゃえというノリだったのでしょうか。

実際にアメリカのUMAはビッグフットでもチャンプでもサンダーバードでも必ず先住民のインディアンの伝承にあるものなのに、ジャッカロープだけが見当たらないのです。

現在ネットに出回っている写真や映像もフェイクだといわれています。

でも、「なんだ、いないのか」とがっかりするのはまだ早い。

2005年にはいないはずのジャッカロープの死骸が発見されているのです!

角を持った理由が明るみになる

ジャッカロープの死骸を調査した獣医は、「乳頭腫ウイルスに感染したウサギ」と結論しました。
乳頭腫は腫瘍で、角のような形状になります。

それが頭部にできたウサギがジャッカロープの話の原型になっている可能性が浮上したのです。

2015年には数人の少年が森で遊んでいるとき、頭に角のあるウサギを見たと証言しています。

存在しないと言われながらも、ジャッカロープの目撃情報は少なくなく、この調査結果により乳頭腫になったウサギだったということが現実味を帯びてきています。

ウイルスは近代になって白人が北米に持ち込んだものらしいなので、インディアン伝承に見られないそうです。

他と違うウサギというので目立ち、人気にもなったジャッカロープは、病に苦しむ可哀想なウサギだったわけですね。

20世紀初頭にはジャッカロープの群れがよく見られたといいますが、感染が広がった群れだったとしたら、心が痛みます。

UMAは自然破壊の警鐘かも

可愛いウサギに、強そうな角というアンバランスな組み合わせが魅力のジャッカロープ。

正体を探ってみると少し悲しい話でした。
UMAの中には病気や奇形と思われるものも多いのです。

 

知られていない害が、動物に先に影響する場合もあります。

自然界・動物界になにが起こっているのかを知る意味でも、UMAに注目する必要があると個人的に思います。

UMA好きなあなたへ

当サイトを訪れてくれたということはumaやモンスターがお好きだと思います。

umaを題材とした映画は沢山ありますよね。

数多くのuma映画やモンスターパニック映画はhuluを使えば無料で視聴することができます。

huluは今なら2週間の無料お試し中なのでこの機会にhuluを利用してみてはいかがでしょうか?



※無料お試し中に解約すれば料金は一切発生しません。

huluでは見れる作品を一部ご紹介すると

・トレマーズ
・遊星からの物体X
・シャークネード
・etc
この他にもたくさんの映画を視聴することが出来ます!