umaの件!予言する人面牛

「くだん」は漢字で「件」。

まさに人と牛の合成獣で、漫画や小説にもよく登場しますから、「人間の言葉を話し、予言をする人面牛」だとご存知の方も多いでしょう。

 

UMAというよりも妖怪、怪異といった存在なのですが、やけに詳細な記録も多く、近代にも伝説が根強く残っています。

スポンサーリンク

件とは?

件が現れ始めたのは江戸時代後期です。

1827年に越中(今の富山)の山に現れ、『疫病が流行る。自分の絵を見れば助かる』という予言なのか、絵を売る宣伝なのかわからない噂を広めたという記録が最古のものらしく、当時は「くだべ」と呼ばれていたそうです。

 

1836年、丹後で大豊作を予言したときには「くだん」となっていました。

その姿は人の顔をした牛と描かれます。

 

日本のスフィンクスといったところでしょうか。

この当時、件は山中に棲む神獣というような存在で、現在の「家畜の親牛から稀に生まれて、予言するとすぐ死ぬ」という設定は明治以降にできあがったと思われます。

 

明治32年に長崎・五島列島で家畜の親牛から件が産まれ、日露戦争の勃発を予言したと記録があります。

 

この件は予言後すぐに息を引き取ったのですが、はく製にされて長崎の博物館に展示されていたとのことです。

その博物館はすでに閉鎖され、今ははく製も行方がわかっていません。

 

件は日本の守り神?

件のはく製とかミイラといったものは、よく見世物に出されていたそうで、あの小泉八雲も件を見世物にしていた旅芸人の話を書き残しています。

件が比較的短時間で河童や人魚のように全国で広く知られるようになっていたのがわかります。

 

件の正体ですが、奇形の子牛と考えられます。

顔などがゆがみ、人間のように見えたものもいたのでしょう。

 

人面の獣は神性を帯びるものなので、なにか予言でもしてくれそうに感じたかもしれません。

奇形なら生まれてすぐ命が尽きることもあります。

 

記録を追ってみると、件の予言は当時の国民的関心事についてです。

江戸時代の疫病、不作・豊作、飢饉、明治のロシア……。

 

これは件が大衆心理から生み出されたUMAだからといえそうですね。

自然災害が多い日本は、災禍に対する恐怖と抵抗心が特に高いでしょう。

 

それを知らせ、救いの策も示してくれる守り神を作ったのだと思うのです。

そして、今も件は受け継がれています。

 

件に似ている牛?

 

震災に現れる牛女!

現代の最大関心事といえば地震でしょう。

ネットによると阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の際、件ならぬ牛女が目撃されたといいます。

 

牛女は人面牛ではなく、顔が牛の女です。

牛女は人間の母親から生まれ、予言する件のような知的さはないようです。

 

現れ始めたのは戦後になってからで、一説には座敷牢に閉じ込められていた人間が、牛女のベースになったといわれています。

意外と近代まで、奇形で姿が変わっていたり、精神的な疾患を持つ人が、一族の恥になるという理由で閉じ込められていることは珍しくなかったのです。

 

牛女は災害を教えるわけではなく、ただ現れるだけです。

誰も恨めない天災ですから化物のせいにしてしまおうということなのかもしれません。

 

件と牛女の関係は不明ですが、どちらも災害に関連しているUMAですし、同系列と考えて問題ないと思います

 

まとめ

民間信仰として予言と救済を流布する件は、現代のメディアが「頑張ろう日本!」的なキャッチコピーを繰り返すのに似ている気がします。

 

日本人はいつだって、どんな荒廃からも常に希望を生み出してきた復興民族です。

件もまた、災禍に立ち向かおうとする大衆のまとめ役だったのかもしれません。

スポンサーリンク