uma-ジャノ!トルコ・ヴァン湖に潜む怪物

トルコ東部に位置するヴァン湖で怪物が撮影されたというニュースが飛び込んできたのは1997年でした。

日本のテレビでもけっこう取り上げられたので、記憶にある方も多いでしょう。

 

とてもはっきりした映像で、ワイドショーにはうってつけだったのです。

 

「UMAのニューヒーロー誕生か!」と沸き立ったのも束の間。

捏造の疑いが強まっていくのです。

スポンサーリンク

ジャノとは?

ジャノには複数の呼び方があります。

  • ジャノワール
  • ジャワナル
  • キャナヴァー

こういった呼び方をされることもあります。

 

ジャノは、琵琶湖の5倍も広さがあるヴァン湖で、ウナル・コザックという学者が撮影して話題となりました。

コザックは2年もジャノを追い続け、ついに撮影に成功したのだそうです。

 

それは茶褐色の生物が、頭の一部を水面に出して泳いでいる映像で、UMA映像としては鮮明すぎるものでした。

物見がちなマスコミが飛びついたのも頷けます。

ジャノの全長は15~20m
体を上下に揺らして泳ぎ、時々潮を吹くといい、夜中には水面からジャンプもするのだとか。
これらの特徴からクジラ、もしかしたら湖に取り残された古代クジラのバシロサウルスではないかと推測されています。
コザックの動画はまさに目撃例の特徴と一致しており、『こりゃ本物だぞ』と盛り上がったわけですが、時間が経つにつれ「ほころび」も出てきました。

ジャノの動画

 

疑問噴出!模型説から陰謀説まで

ジャノの目撃は決して多くありません。

ヴァン湖が大きい湖ということに加え、この地域はシリア、イラク、イランの国境に近く政情的に不安定で、観光客が集まる場所ではないというのが理由です。

 

また、学者サイドから『ヴァン湖は塩水湖で小魚しかおらず、大型生物が生きてゆけない』という意見も出て、ジャノの実在がどうも怪しくなってきたのです。

 

撮影者のコザックについても、この映像を撮るために作った模型の製作を巡ってトラブルを起こしたと情報が広まり、その後行方知れずになっていて、人間性にも疑問が投げかけられています。

 

また別の話で、ヴァン湖周辺で現地に住むクルド人へのトルコ政府の対応が過激になって、それから目を逸らせる目的でジャノ映像が作られたといった陰謀論まで飛び出してきたのです。

鮮明な動画で一躍UMA界のスターになるかと思われたジャノでしたが、そのフィーバーは短く、今はポシャってる感じですね。

 

ヴァン湖の怪物は嘘なのか?

なんとなくミソのついたコザック映像ですが、ケンブリッジ大学で今も真偽を確認中だそうです。

ヴァン湖には昔から「竜が棲む」という伝説があり、映像に疑問があったとしても、なんらかの大型生物がいる可能性は否定できません。

 

ヴァン湖は深さも400m以上あるといわれ、餌となる魚が少ないとしても、巨大生物が暮らせる余地はあると考える人もいます。

そこで前述のバシロサウルス説が有力なのですが、ゾウやアザラシのような別の哺乳類ではないかともいわれています。
まったく予想外のUMAかもしれません。

 

映像の詳しい解析が終われば、その真相が見えるのではないかと期待しているのですが……。

 

ジャノについてはインチキという声が強いうえ、民族紛争も起こり得る地域ということもあって、まともな調査が行われていないのです。

疑惑の多いジャノですが、嘘と断定するのはまだ早いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ちなみにヴァン湖とも近い黒海には「ブラッキー」という50mの大ウミヘビがいるといわれます。

ジャノとブラッキーもあるいは近種のUMAなのかもしれません。

 

西アジアは長い間混乱が続き、学術的な調査が進みにくい地域となっているのですが、古くから文明が栄え、怪物伝説も少なくないのです。

早く安定して、探究しやすくなってほしいものですね。