uma~フラットウッズ・モンスターの正体は?

1952年、アメリカ・フラットウッズの町に現れた怪物が、その姿を描いた絵とともに報道されると、全世界が騒然となりました。

見た人すべてにトラウマを与え、強烈なイメージを植え付けた異形の怪物は、UMA説と宇宙人説に二分されています。

フラットウッズ・モンスターとは?

ウェストバージニア州ブラクストン郡フラットウッド。

その町で9月の夕暮れ時、農場にある丘の上に光る物体が着陸したのです。

目撃した近くに住む少年たちと、その中の兄弟の母親メイ夫人は丘に向かい、その頂上地点で奇妙な物体と、刺激臭のする霧が立ち込めているのを目にします。

さらに懐中電灯を物体の左手に向けると、そこには奇怪な怪物が浮いていました。

 

それは身長3m、スペードの形をした赤い頭に光る丸い目をし、緑色のおかしな服を着て、短い腕から爪のような手が突き出しています。
そんな不気味な怪物がシューと音を立てて近づいてきたものだから一行はパニックになってすぐに逃げだしました。

これが世界中を恐怖に陥れることになる、フラットウッド・モンスター遭遇事件です。

事件の後も冷めないブーム

怪物はそのインパクトの強い姿の絵とともに、全米そして世界中に報道されます。

 

「身長3mの宇宙人」として、あの「二人のコートを着た男に捕まえられた小型宇宙人」の有名な写真と一緒に、UFO関連書に必ず載せられていましたから、オカルトに関心のない人も知っていると思います。

 

怪物に遭遇したメイ夫人と少年たちは、その後鼻や喉の痛み、嘔吐などで一週間ほども苦しみます。

事件時には多くの住人が謎の飛行物体を目撃しており、センセーショナルなUFO事件となりました。
各地で「UFOを見た」「同じ宇宙人を見た」との情報が次々報告されるなど、大きなブームを巻き起こすのです。

怪物の正体はフクロウなのか?

不気味な宇宙人として知られるフラットウッズ・モンスターですが、UMAと考える向きも昔からありました。

その正体は未知動物ではなく、メンフクロウの見間違いではないかというのです。

メンフクロウはお面をつけたような顔からその名がつけられ、たしかにフラットウッズ・モンスターの絵にも似ています。

 

「浮いていた」「シューという音(鳴き声)」「腕のない爪の手」という証言もメンフクロウなら筋が通るのです。

緑の服は、樹木の葉がそう見えただけと考えられます。

謎の物体はUFOなどではなく隕石で、その煙で目撃者が体調を崩したにすぎず、視界の悪い夕闇と煙でフクロウが怪物に見えたと説明されています。

 

隕石でもけっこう大事件だと思うのですが……。

事件から半世紀以上も経ち、真相はわかりません。
ただ、あの強烈な怪物の姿が、多くの人の記憶に刻まれ、今も妙に愛されている存在なのは間違いないようです。

昭和を代表する宇宙人だった

メンフクロウ説はちょっと偶然が重なりすぎているような気がします。

正直、宇宙人でいてほしいですね。

昭和の時代の宇宙人は面白いほど多種多様でした。

フラットウッズ・モンスターもそのひとつで、子供時代にUFOなどを書いた不思議本を見ていた中高年には「3mの宇宙人」で通っています。
ヒネリのないネーミングですが、これが逆にストレートに人々の脳裏に恐怖を与えたものです。
怪物に洒落た名前など不必要なのかもしれませんね。

UMA好きなあなたへ

当サイトを訪れてくれたということはumaやモンスターがお好きだと思います。

umaを題材とした映画は沢山ありますよね。

数多くのuma映画やモンスターパニック映画はhuluを使えば無料で視聴することができます。

huluは今なら2週間の無料お試し中なのでこの機会にhuluを利用してみてはいかがでしょうか?



※無料お試し中に解約すれば料金は一切発生しません。

huluでは見れる作品を一部ご紹介すると

・トレマーズ
・遊星からの物体X
・シャークネード
・etc
この他にもたくさんの映画を視聴することが出来ます!