umaのアスワングはフィリピンの女吸血鬼!

アジアでも珍しいキリスト教の国フィリピンには、西洋怪物の代表・吸血鬼の伝承が数多く見られます。

その中でもアスワング(アスワンとも呼ぶ)は特に有名で、西洋の吸血鬼に比べ妖怪じみた習性を持っているようです。
なぜか女の吸血鬼で、男ばかり襲うというのも興味深いところです。

スポンサーリンク

アスワングとは?

フィリピン・パラワン島に出没するというアスワングは、1.5~1.8mの大きさで、犬のような顔、猿のような体、コウモリのような翼を持つといわれます。

 

伝承では昼間は普通の人間の女性だが、満月の夜になるとアスワングへと姿を変え、空を飛んで獲物を物色し、屋根の隙間からとんでもなく長い舌を差し込んで、寝ている住人(男ばかり)の生き血を腹がパンパンに膨れるまで啜るのだそうです。

 

ほとんど妖怪のイメージですね。

 

単なる伝承のようですが、

2005年に作業中の男性が「キキキーッ」と鳴くアスワングに連れ去られそうになり、たまたま持っていたライフルで撃退した。

 

2006年には漁師が襲われ、大量の血を抜き取られて瀕死になった。

など、実在する可能性もあるのです。

 

アスワングと同種なのかは不明ですが、フィリピンにはマナナンガル、ホワイトレディという女吸血鬼の話もあります。

 

目撃写真はこちら

 

アスワングはフィリピンのチュパカブラ?

2006年にはアスワングがカメラにとらえられ、ネットで拡散されました。

コウモリのような……違うような……という微妙な写真なんですが、撮影者はアスワングと主張しています。

 

真相はともかく、アスワングがコウモリの誤認だという説は昔からあるようです。

熱帯雨林の広がるパラワン島はコウモリが多く、中には翼長が1mを超える大物もいます。

 

飛んで来たらビビるでしょう。

そこに西洋のドラキュラ伝説や、夜に女が男を漁るというエロティックな妄想が混ぜ合わされ、アスワングが形成されていったと考えられます。

 

面白いのはアスワングと、南米に出没するというチュパカブラのイメージが重なるということです。

翼の有無だけで、言われている風貌はとても似ています。

 

どちらもスペインの影響を大きく受けた地域ですし、なにか関連性があるのかもしれませんね。

 

オオコウモリの動画

コレはでかすぎますよね。

 

見えない吸血鬼が少女を襲った!

男を狙うアスワングとは無関係かもしれませんが、フィリピンで起こった不思議な吸血鬼事件も紹介しましょう。

マニラの警察署に一人の少女が助けを求めてきました。

 

『見えない吸血鬼に襲われた』というのです。

見ると、確かに少女には吸血鬼に噛まれたような跡があります。

 

警官が対応に困っていると、その目の前で少女が再び襲われます。

彼女の肌に新しい噛み跡がみるみる現れたのです。

 

警官は少女を助けようとしますが、相手が見えない吸血鬼ですから手は空を切るばかり。

その後も少女は何度も襲われ、しばらくして解放されたのだそうです。

 

これは幽霊の話に近いですね。

あるいはスティグマ(聖痕)のようなものかもしれません。

 

敬虔なクリスチャンが、磔刑に処されたイエスが杭を打たれた同じ手の平から血を流すというものです。

同様に、フィリピンで広く信じられている吸血鬼への思い込みが、少女の身体に噛み跡を出現させたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

見えない吸血鬼の話は、フィリピン国民にとっていかに吸血鬼が身近なのか判る気がします。

コウモリがたくさんいる土地柄という理由もあるようで、日本人が考える以上にフィリピンでは吸血鬼がリアルなものとなっているみたいですね。

 

アスワングの実在は不明ですが、ヴァンパイヤ系の伝説が生まれやすい国というのは違いないでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸のUMA談 未確認生物の世界 [ にほんの歴史★楽会 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/11/9時点)